3・ワキガクリームはただ塗るだけでOK?正しい使い方

ワキガクリームは体臭にあったものを選ぶようにしたいものです。

 

そして、ただ塗るだけではなく正しい使い方をすることでより高い効果を得るようにしましょう。

ワキガクリームを使用するうえでの注意点

ずっと塗りっぱなしはよくありません。

 

ワキガクリームの高い効果を期待し、常に臭いのきつい部分にワキガクリームを塗っている人も少なくないようです。

 

昨今では、高い消臭効果を期待するよりも肌に優しいワキガクリームを好む人も増えています。

 

しかし、肌に優しいワキガクリームでも殺菌する効果のあるものですから、皮膚に全く影響がないとは言えません。

 

そのためワキガクリームを塗りすぎると、皮膚の最近が全て死んでしまうことも考えられます。

 

言わば無菌状態になってしまい、逆により強い菌が繁殖する恐れもあるのです。

 

ワキガクリームを塗りっぱなしの状態にするのではなく、日に数度洗い流すなどして塗った皮膚をリセットするようにしましょう。

 

洗い流す頻度は、入浴の際の一度でも大丈夫です。

 

入浴関連となりますが、ワキガクリームを塗るときは入浴後の体に塗るのがベストです。

 

臭いがきついときにワキガクリームを塗っても、雑菌と混じって余計に臭いを強くする場合もあります。

 

ワキガクリームの効果を最大限に発揮するためには、入浴後の清潔な体に使用しましょう。

 

ワキガクリームの効果的な使用方法

ワキガクリームを塗るタイミングは入浴後の清潔な体が一番です。

 

しかし常に入浴後というのも難しいですし、それではワキガクリームを塗るのが一日に一度というペースになってしまいます。

 

そのため入浴後以外では、湿ったタオルや汗ふきシートなどで臭いの強い部分を拭いて下さい。 ワキガクリームにも様々なものがあります。

 

前述したように、肌に優しいタイプのものも人気があります。

 

それでも、ワキガクリームの本質は殺菌と消臭効果です。

 

さらに制汗効果の高い成分が含まれているワキガクリームを塗るようにしましょう。

 

このときたくさんの量を使う必要はなく、薄く伸ばすようにし、さらに塗り込むようにするとより効果的となります。