7・30代以降は注意したい加齢臭はワキガクリームで対策

30代以降に気をつけたいことの筆頭は加齢臭ではないでしょうか。

 

ふとしたときに気がつく体臭に愕然とすることもあるかもしれません。

 

加齢臭を意識したときに頼りになるの、がワキガクリームです。

 

加齢臭にはワキガクリームで効果的な対策を

加齢臭、特に男性にとっては嫌な言葉でしょう。 もちろん女性にとっても他人事ではないかもしれません。

 

加齢とともに新陳代謝が衰えてしまい、体臭がより際立ってしまうからです。
そのような年齢になると、臭いの元を断つことも大切ですが、より即効性を求めた消臭効果のあるワキガクリームが頼りになるのです。
そして大切なのが、ワキガクリームに含まれる成分です。
加齢臭は皮膚の酸化によって、臭いの元となるのがノネナールという物質を発生します。

 

そのためワキガクリームには、酸化を防ぐ作用のある抗酸化物質が入っているものが求められます。

 

抗酸化作用のある成分は、カキタンニンです。 柿渋が入っているワキガクリームでも大丈夫です。

 

加齢臭対策には、抗酸化作用の成分の配合がキーワードになることを覚えておきたいところです。

 

加齢臭対策には持続性を求めたい

加齢臭は新陳代謝の衰えによるところが大きいので、それ以降は加齢臭対策を永続的に行っていかなければいけません。

 

そうなると、ワキガクリームにも持続力を求めるのは当然のことです。

 

ワキガクリームといえば殺菌力の高さを求める人が多いのですが、加齢臭の場合は殺菌力よりも臭いを消す力、すなわち消臭力を求めましょう。

 

そして、消臭力の持続性も追求したいところです。

 

加齢臭と肌の乾燥は比例する関係にあります。

 

このことから、保湿成分の入っているワキガクリームが求められます。

 

香料が入っていると余計な臭いの元となるので、無香料のワキガクリームがいいでしょう。

 

無添加のワキガクリームでしたら、無香料タイプのものですから間違いはありません。